総務広報委員会 基本方針

  • 委員長
    儀間 由一郎
    副委員長
    神田 誠志郎
    副委員長
    比嘉 恭規
    副委員長
    佐久川 享

 浦添青年会議所の会員は、これまで先輩方が築き守ってきた歴史と伝統、JCの一員としての自覚と責任、熱き想いをしっかりと継承するとともに、地域や行政、関係諸団体からは企画力と行動力があり、積極的に地域のなかで活動する組織として認識して頂かなければなりません。また、今年度は新任理事が多くいるなかでも、互いの信頼と絆を深めていき会員が事業に参画しやすい環境を創り、組織全体の質の向上を高める必要があります。

 まずは、全会員が方向性と活動意義を共有し、互いの絆を深めるために、会員に対し電話による声掛けを行い出席率の高い総会を開催し、一致団結した強い組織力を創ります。そして、新体制のお披露目と各事業の醍醐味を伝えるために、ご来賓の方々や関係諸団体、我々と同じ熱き想いを持った諸先輩方と意見交歓会を開催し、浦添市の明るい未来へ繋がる交流と信頼関係を再確認します。さらに、理事会においては、活発で本質的な議論を行う仕組みをつくるために、7・5・3システムを活用して各委員長へ議案提出に向けてのフォローをするとともに、理事会の3日前までに各副委員長による細かい事前確認を行うことで、副委員長も巻き込んだ質の高い会議を実現します。また、会員が積極的に事業に参画する環境を創るために、ネットツールを活用した組織運営を行うことで、事業や関係諸団体の日程を全会員と共有し参画意識の向上と動員数増加につなげます。そして、地域の人々が我々の取り組みに魅力を感じ、応援して頂くために、ホームページやSNSを活用した情報発信を積極的に行うことで、我々のファンを一人でも多く増やしていきます。

 組織全体の質が向上した結果、活動への参画意識が高まった会員が積極的な議論を重ねて、それぞれが地域から必要とされる活動を展開することにより、浦添市の新たな価値につながり本組織の存在意義が地域から共感されることで、明るい豊かな浦添を創造します。

<事業計画>

  • 1.総会の開催(1月、7月、12月)
    2.意見交歓会及び新体制お披露目会の開催(1月、7月)

<運営計画>

  • 1.理事会の運営(7・5・3システム)
    2.県内各地会員会議所、沖縄地区、沖縄ブロック協議会、その他関係団体の事業案内
    3.ホームページ、SNSの作成及び運用
    4.委員会の開催