浦添アカデミー委員会 基本方針

  • 委員長
    喜如嘉 翼
    副委員長
    大城 将文
    副委員長
    金城 和也

 浦添青年会議所が地域に根差し愛される組織として、必要とされる運動を展開していくなかで、継続的に組織運営を行っていくには同じ志を持つ多くの仲間が必要です。会員が先輩の意志と想いを受け継ぎ、今一度、LOMの歴史を学び、明るい豊かな社会の実現を目指し、組織としての資質向上を図ります。一体感のある組織を築き上げ、地域社会の魅力あるリーダーとして率先して行動できる人財の育成に力を入れることが必要不可欠です。

 まずは、将来的に組織の中心を担うべき新入会員が横の繋がりを大切にし、活力ある運動を展開していくために、同じ委員会に所属し、活動しやすい仲間づくりができる環境を整えることで、切磋琢磨しながら信頼関係を構築します。そして、活動内容や基礎知識を学ぶために、事業説明や定款・細則説明を盛り込んだ新入会員オリエンテーションを開催することで、組織の価値観を統一させた意識を醸成します。さらに、運動方針や会員同士の意見交換の場である定例会の参加意識を向上するために、事前にすべての会員に対し、粘り強い呼びかけを行うことで、多くのメンバーが参加し、共通認識が生まれ活動に対する意識が高まります。また、地域の若い人達が次世代リーダーとしての感覚を養うために、地域の方や身近な人を公開例会にオブザーバーとして呼び、勉強会や講演会を行うことで、様々な方々と情報交換し、共に成長します。そして、浦添アカデミー委員会が1年間の集大成とするために、創意工夫を凝らした納会を企画運営することで、成長を実感することができ仲間との友情が育まれ個々の活動意欲が高まり将来の有望な人財を創出します。

 1年間を通して、仲間とともに自己の成長を高め合い積極的に行動する人財へと昇華し、数々の活動を通じ意識変革を遂げ、利他の精神を持ち多くの人から同感を得られる情熱をもったリーダーに成長し、地域に愛される組織となり、明るい豊かな浦添を創造します。

<事業計画>

  • 1.新入会員オリエンテーションの開催

<運営計画>

  • 1.定例会・例会の企画・運営
    2.納会の開催
    3.委員会の開催