URASOE YOUTH委員会 基本方針committee

~明るい豊かな社会を担う太陽子(てだこ)の創出~

  • 委 員 長  名嘉 亨哲
  • 副委員長  崎浜 国男
  • 副委員長  宜保 安倫

 インターネットやテレビなどを介して感覚的に学びとる間接体験、シミュレーションなどを通じて模擬的に学ぶ疑似体験の機会が圧倒的に多くなっている昨今では、実際の物や人と関わっていく直接体験が少なくなっている現状があります。今こそ我々が地域と公共機関と連携し、子供達が人や地域とふれあいながら、集団生活の中で心豊かな感受性を高め、たくましく生き抜くための協調性や人間性を高められる場を創出することが必要です。

 まずは、集団活動の中で多様な仲間と行動しながら社会生活の上で必要なコミュニケーション力やマナーを学んでもらうために、小学生から中学生を対象に自然体験型事業を開催し、子供達一人ひとりが決められた条件下で自ら考え行動しながら、学校や学年などの垣根をなくし、共に協力し合い生きるための体力と精神力を身につける場を創出し、成功体験や失敗体験を得て本事業をやり遂げることで、協調性や人間性を高め、夢を実現する力を習得します。さらに、本事業において子供達がお互いの立場を理解し、集団の一員として自身の役割に対して責任を持って果たし、感謝の気持ちや思いやりの心を育み、生きる力を身につけるために、日常生活とは違う大自然の中での遊びや自炊を自ら行うなどの体験活動を積極的に実践していくことで、心身ともに豊かな心を養います。そして、本事業が地域社会に共感される青少年健全育成事業へと発展させるために、行政や教育機関との連携強化を図りながら子供達の参加を呼び掛けるとともに、地域への周知と理解を啓蒙していくことで、次世代においても成立する青少年健全育成の事業モデルへと昇華します。

 本事業において子供達が集団生活の中での協調性や人間性を高め生きる力を身につけ、青少年健全育成への意識が醸成された地域社会のもと、実生活における問題点に対して積極的に考え行動し、各地域のリーダーとして成長することで浦添の明るい未来を創ります。

<事業計画>

  1. 1.自然体験事業の開催

<運営計画>

  1. 1.委員会の開催
  2. 2.各事業への参画

会員情報