わんぱく相撲女子全国大会実行委員会 基本方針

  • 委員長
    久高 将泰

【設置背景】
2019年に開催された「第1回わんぱく相撲女子全国大会」にて沖縄大会から出場した島袋しんかさんが全国大会にて優勝し、記念すべき第1回女子の部にて横綱になったことをうけて、JCI東京から第3回の開催打診があったことがきっかけで第2回を主催するJCI名古屋から第3回の主催を託したいとの連絡がありました。JCI浦添はわんぱく相撲を33回の実績があるなかで、全国大会規模の事業を行ったこともなく、浦添市としても全国大会ほどの規模を有するスポーツイベントを行った実績がないことから、JCI浦添が前例のない事業に挑戦をすることによって、地域の活性化や子ども達への向上心や夢を広げ、心身共に更なる成長になる機会の提供が必要です。

【設置目的】
地域スポーツへの更なる活性化やメンバーの成長のために、前例のない事業へ挑戦し、夢を抱く子ども達や更なるチャレンジ精神を生み出すことを目的とします。

<事業計画>

  • 1.第3回わんぱく相撲女子全国大会京都会議オリエンテーションの開催
    2.沖縄県相撲連盟との意見交換会(3回以上の開催)の開催
    3.第3回わんぱく相撲女子全国大会の開催

<運営計画>

  • 1.委員会の開催