総務広報委員会 基本方針

  • 委員長
    島袋 朝宏

【設置背景】
新たな社会構造の構築が求められている昨今、諸会議や事業活動での会員間の連携が取りづらくなってきていることや、昨年発生したコロナ禍などの未曽有の事態の中でも当会議所の運営を継続していかなければなりません。しかしながら、地域で当会議所の認知度は未だ低く、諸団体と混同されることも多々あるため、浦添青年会議所の認知度を向上させ、私たちの活動を地域に対し、市民から協力・賛同を得る必要があります。浦添青年会議所発足50周年となる本年を一つの節目として、これまでの私たちの活動を振り返り、更なる発展の年となる事が求められます。

【設置目的】
当委員会が各委員長間の連絡を密に取るなどのバックアップを行い、特定の会員に負担が集中することなく全会員が一丸となって私たちの活動に取り組むための柱となり、タイムリーな情報を組織全体で地域や市民に発信する素地を作るため、当委員会が率先して広報活動を行い、各委員会と広報手法を共有し、浦添青年会議所の認知度向上の一助となることを目的とします。

<事業計画>

  • 1.「第66回通常総会」を開催する。
     KPI:動員目標:対内100% 浦添青年会議所会員33名(外部監事2名含む)
    2.「7月総会」及び「新体制お披露目会」を開催する。
     KPI:動員目標:対内100% 対外10人
    3.「12月総会」を開催する。
     KPI:動員目標:対内100%
    4.広報活動
     KPI:月1回以上の記事更新。各ログの閲覧数150
    5.理事会・定例会の同日開催
     KPI:理事会出席率100% 定例会出席率80%
    6.「浦添市の未来を語りあう会」を開催する。
     KPI:年2回開催。動員目標:対内10人 対外10人

<運営計画>

  • 1.「第66回通常総会」の開催
    2.「7月総会」及び「新体制お披露目会」の開催
    3.「12月総会」の開催
    4.広報活動
    5.理事会・定例会運営
    6.「浦添市の未来を語りあう会」を開催